少額短期保険ってなに?
2017.02.02

subimg04あまり少額短期保険という言葉は聞きなれないかもしれませんが、2006年の保険業法改正に伴って生まれた新しい保険のタイプのことを言います。よく聞く大手の保険会社とは違い、名前の通り、少額や短期といった保険を扱う会社で、医療保険もありますが、ペット保険や地震保険など様々なニーズに合わせて少額で扱われています。

少額短期保険保険では、会社によって医師の診断や告知不要なところもあり、すぐ加入することができる会社もありますので、とても魅力的なものと言えます。それに必要最低限のお金で短期で取り扱われていますので比較的契約期間を最後まで続けることができます。掛け金も少額で短期の保険ですので、支払われる保険金額はそう多くはありませんが、特に葬儀費用などで準備をしておきたい人には短期で積み立てができます。特に葬儀費用には一般的に葬儀を行った場合でもそこそこ費用がかかると言われていますので遺産などに関わってきますと財産から葬儀費用を引いた金額が遺産に割り当てられるのでなるべく葬儀費用はなるべく準備しておいた方が良いでしょう。実際葬儀を終わらせてから、こんなにもかかるとは思わなかったなどもよく聞かれる話です。葬儀だけではなく飲食費や香典返しなどがありますので葬儀の際の補填として準備しておくことが重要です。

少額短期保険は保険会社によっても商品の名前が分かれています。多くは葬儀保険といった名前での商品がありますが、まだまだ店舗による普及は少なくネットからの申し込みが多いです。ネットでシミュレーションして金額を算定できるところも多く自分の条件と照らし合わせ簡単に月々の金額を把握することができます。それに更新も1年や2年と短いので、簡単に見直しを行うこともできるのが魅力です。通常の保険会社で取り扱っている商品とは違い、ピンポイントでの商品取り扱いですので、契約する側も難しい内容にはなっておらず、必要最低限用意しておきたいなどの考えの人にはとてもいい内容ですが、備えに対して不安を持つ人はしっかりと考えて契約することをお勧めします。しかし死亡保険などは通常ですと、持病や通院などで加入することができないか月々の金額が高くなるところもありますが、条件付きで同じように加入することができますので葬儀費用などの現実的な問題が発生した場合でも遅くないことが分かります。あの時加入しておけばよかったなどの後悔をすることなく葬儀の補填として加入するのであれば、家族にもなるべく迷惑をかけずに済むことができます。

▲ ページトップへ